DSC05072

ホホホ座金沢 & TONE Inc.

ここ数ヶ月進めてきたリノベーション・プロジェクト。
WHOLEが内装ディレクション、コーディネートを担当させて頂いた
ホホホ座金沢さんが6月30日(金)にOPENしました。

 

元々は長い年月の間で増改築を繰り返してきた元鉄工所。
広々とした空間は、かつての職人たちの作業の跡を残しながらも
その役目を終え、ひっそりと静まり返っていました。

IMG_1193

IMG_1191

ぱっと見はお世辞にも綺麗とは言えない状態。
それでも、ここに何かの縁と可能性を感じたTONE Inc.さん。
この場所を新しい事務所とお店にしたいというご相談を受け、
プロジェクトはスタートしました。

 

鉄工所の長い歴史を感じさせる躯体の雰囲気は残しつつ、
ひとつながりだった空間をショップ、オフィス、フリースペースの
3つに分け、機能的に空間構成。

ホホホ座のショップ部分は、商品が主役となるよう
シンプルなデザイン、そしてフレキシブルに使えるような設え。

オフィス部分は、広い工場の中に仮設の小屋を建てたようなイメージです。
構造用合板の壁にアンティークのドアと窓、そこにTONE Inc.さんの
ネオンサイン。なかなか面白い組合せになりました。

フリースペースは無造作なミックススタイル。
ヴィンテージの椅子や照明にDIYのテーブル、鉄工所時代から残っていた家具、
以前から使っていたソファに近所の方から頂いたソファ、テーブルなどなど。
ゆっくり本を読んだり、コーヒーを飲んでくつろいだり、好きな場所で
思い思いに過ごせるリラックススペースです。
また、時にはレイアウトを変えて展示やイベントをしたり。
様々な使い方が可能です。

 

DSC05079

DSC05010

DSC05020

DSC05022

DSC05008

DSC05003

DSC04975

DSC05057

DSC05047

DSC05100

DSC05098

DSC05105

DSC05035

DSC04980

DSC05132

DSC05042

DSC05108

DSC05117

DSC05093

 

古くから港町として栄え、今も懐かしい雰囲気が残る大野町の
ロケーション、古き良き昭和の面影が残る鉄工所、
泥臭くトリッキーなスタイルのお土産屋である京都・ホホホ座、
そして、シンプルで洗練された中にほんのひと匙、ひねりを加えた
デザインをするTON Inc.さん。

これらの要素が混ざり合い、新たに生まれ変わった複合空間。
すぐ脇には海につながる川が流れ、海からの気持ちいい風が感じられます。
ぜひ訪れてみてください。

 

ホホホ座金沢

〒920-0331 石川県金沢市大野町3丁目51番地6
営業時間 12:00~19:00(月曜定休)
TEL 076-255-2038

instagram(Instagram.com/hohohoza_kanazawa
オンラインストア(http://hohohoza-kanazawa.com/

 

ディレクション・コーディネート:WHOLE
設計・施工:桐工房
施主:TONE Inc.